限りなき円を求めて

ミクロン精密株式会社

ミクロン精密株式会社
ミクロン精密株式会社
クリックすると拡大画像がご覧になれます

展示品のご紹介

電動式の「紙芝居装置」を展示しており、本体中央にあるボタンを押すと、紙芝居の絵が順次現れます。この紙芝居では、複雑形状部品の多数個同時加工が可能な「マルチフォーム研削」や高精度な仕上げ加工といった、弊社の特徴的な技術について紹介しています。

また、ブース壁面には、当社紹介ビデオが上映されています。

企業のご紹介

主に自動車、エアコン、モーターなどに用いる筒やリング形状の部品について外側を研削加工する「心なし研削盤(センタレスグラインダ)」、および内側を研削加工する「内面研削盤(インターナルグラインダ)」、あるいはそれらを組み合わせた「内外径同時研削盤」などを製造しています。

*研削加工

研削加工では、部品の丸さ(円)を精密に仕上げるために、ちょうどリンゴの皮をむくようにして、ナイフの代わりに円筒状の砥石を用い極めて高い精度で加工します。硬い金属やセラミック製の部品でも高速回転する砥石により自在に削ることができます。

加工精度の高い精密部品を使うと自動車や各種機械の振動発生が少なく、出力や効率の向上、長寿命、省エネルギーが実現されます。

*社名の由来

社名となっている「ミクロン」はマイクロメートルという単位を表わしており、その値は千分の1ミリメートルです。加工部品の丸さ(円)の精度を真円度と言いますが、現在、当社加工例では、0.1マイクロメートルのレベルに達しています。

これからも各種工業製品の性能向上や省エネルギー、環境保全に配慮した先進の精密加工技術を通じて社会を支えるため「限りなき円を求めて」精進したいと思います。

山形の工業TOP企業HPへ